1. TOP
  2. マナー
  3. お祝い花を贈るタイミングについて

お祝い花を贈るタイミングについて

マナー この記事は約 3 分で読めます。 1,073 Views

お祝い花を届けるタイミングお祝いの花はいつ届くのが良いでしょうか。スタンド花などは生花のため、早すぎても良くありませんし、遅すぎても失礼になります。用途に合わせた届けるタイミングを確認しておいてください。

開店祝いの花

開店祝いの花は開店日当日に届けるようにします。届く時間帯はお店の開店時間前が最適です。

お店の場合は、開店時間が早かったり遅かったりする場合は、配送のほうが対応できない場合もあります。

例えば、オープン時間が早朝などの場合は、前日の午後着にするか、当日午前中着という配送となります。飲み屋さんなどで夜に開店するお店の場合は、最終便(19~20時頃)の配送となります。

どちらの場合でも、お店の開店を花でアピールすることが主な目的になりますので、開店時間よりも前に届くのが良いでしょう。

夜のお店などで、受領サイン(受け取り)ができない場合は、お店の前に置いておいてOKと注文時に伝えることを忘れないようにしてください。不在で受領サインが貰えないと花を持ち戻ることになります。

同じような用途に周年祝いがありますが開店祝いと同じタイミングが良いでしょう。

尚、プレオープン(開店前の招待)をする場合は、プレオープンに花が届くことを希望される方もいます。どちらが良いかを事前に確認しておくことをおすすめします。

移転祝いの花

移転祝いの花は移転後の業務開始日当日に届くようにします。届く時間帯は午前中が望ましいでしょう。

尚、移転が完了している場合は業務開始日の前に届けられる場合もあります。業務開始日当日は忙しいので前の日に届くのを希望されている場合もありますので確認しておくのも良いでしょう。

就任祝いの花

就任祝いの花は就任後の勤務開始日以降に届くようにします。届く時間帯は午前中が望ましいでしょう。

就任祝いの花を贈るタイミングで注意する点は「前任者がまだいるタイミングで贈らないこと」です。例えば、辞令が出てすぐにお祝い花を届けてしまうと、実際の就任はもっと後日になります。早めに花を手配するのは良いのですが、届ける時期は就任後の勤務日以降が適切になります。

尚、花の届け先が会社ではなく、自宅などの場合は就任が決まった時点で届けても構いません。

開院祝いの花

開院祝いの花は内覧会を開催する当日に届くようにします。届く時間帯は午前中が望ましいでしょう。

内覧会は病院やクリニックの開業前に行なうお披露目になります。記念の写真撮影などをする場合もありますので、華やかな花が届いていると喜ばれます。

 

用途によって花が届くタイミングがあるのがおわかり頂けたかと思います。ビジネスのシーンでは花を届けるのもマナーがありますので相手に失礼のないように手配してください。


ライブ、コンサート、開店祝い、誕生日用の祝花
業界最安値&最短当日スピード配達
フラワーデザイナー監修おしゃれ花
★★一流企業・芸能人御用達★★
年間4万件の安心実績


お祝い花の注文はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

スタンド花の選び方|用途別の贈り方最新情報の注目記事を受け取ろう

花はいつ届けるのか

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スタンド花の選び方|用途別の贈り方最新情報の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • お祝い花のお返しについて

  • スタンド花の花は勝手に抜いて持ち帰ってOK?!

  • 用途別タブーの色と花について

  • 立札の書き方について