1. TOP
  2. マナー
  3. スタンド花の花は勝手に抜いて持ち帰ってOK?!

スタンド花の花は勝手に抜いて持ち帰ってOK?!

マナー この記事は約 3 分で読めます。 4,126 Views

スタンド花の花を抜くスタンド花の花を勝手に抜いて持ち帰る、というのはマナー的にどうなのでしょうか?

地域によっては花を抜いて持ち帰っても良い(開店祝いの花は抜かれて無くなったほうが良い)という風習もあるようです。具体的には、名古屋の開店祝い等に並んでいるスタンド花は開店日当日に花が抜かれて無くなっている方が良いという風習です。

ただこれは、一部の地域、用途で通用する習慣のため、他の地域でも同じように花を抜いて持ち帰っても良いとは限りません。

スタンド花の効果

届いたスタンド花を周囲の方に数本持ち帰っていただくことで、それがお店の宣伝になる場合もあります。新規開店するお店は、近所の方へのご挨拶やお客様へのお土産を兼ねてスタンド花の花を配ることもあります。

開店祝いの花というのは、そのお店の開店を祝い、繁盛を応援するものだと思います。そのために届いた花を持ち帰ってもらうのであれば、宣伝や挨拶代わりになるため、送り主も受け取り側も納得すると思います。

でも、開店祝い以外の用途であったり、花の送り主や受け取り主の考え方、そして地域によっては、せっかく贈った花があっという間に抜かれ、見るも無残な状態になってしまうのは、心情的にも悲しくなる事もあると思います。花が抜かれたスタンド花

実際にあったケースでは、開店前だったにもかかわらず、気がついたら花が抜かれてみすぼらしかったので、花屋に依頼して作り直してもらったという事も起きています。

花がたくさんアレンジされた(抜かれていない)状態のスタンド花は見栄えがよく、人目を引くものです。スタンド花には注目を集めてくれる効果もあることから開店祝いなどに定番の贈り物として喜ばれています。

花は数日間飾ることもできるので、暫くの間はお店のアピールになりますから、受け取った側もできるだけ長く飾っておきたいと考える人もいるでしょう。

まとめ

スタンド花の花を持ち帰るのがOKなのは、地域や風習、花の所有者の意思などによって異なります。花を抜いて持ち帰る習慣のある名古屋であっても持ち帰りNGとしているところもありますし、名古屋以外でも持ち帰りOKな地域もあります。

街中で見かけたスタンド花は、なんでもかんでも抜いて持ち帰って構わないというのは、マナーに欠けていると思われても仕方ないかもしれません。

風習を重んじることも大切ですが、それに傾倒してしまうとただの自分勝手になってしまうこともあります。

もし自分がスタンド花の送り主だったり、受け取る側だったらどう思うか、そのようなことを考えるのも大切ではないでしょうか。

蛇足になりますが、花屋の立場からすると、見た目が良くなるように花と花の組み合わせを考え、時間をかけて丁寧に作ったスタンド花が、見られることも喜んでもらうこともなく、あっという間に花が抜かれてしまうのは「とても悲しいな」と感じました。


ライブ、コンサート、開店祝い、誕生日用の祝花
業界最安値&最短当日スピード配達
フラワーデザイナー監修おしゃれ花
★★一流企業・芸能人御用達★★
年間4万件の安心実績


お祝い花の注文はこちら

\ SNSでシェアしよう! /

スタンド花の選び方|用途別の贈り方最新情報の注目記事を受け取ろう

花が抜かれたスタンド花

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スタンド花の選び方|用途別の贈り方最新情報の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 立札の書き方について

  • お祝い花のお返しについて

  • お祝い花を贈るタイミングについて

  • 用途別タブーの色と花について