1. TOP
  2. 供花・献花
  3. 献花の種類と選び方【かんたん予約】

献花の種類と選び方【かんたん予約】

供花・献花 この記事は約 6 分で読めます。 52 Views

献花台に供える「献花」について、色味や種類など献花を送る際の選び方やマナー、注文・予約方法を紹介しています。

献花と供花はどう違うの?献花の値段はいくら?献花はどこで買えばいいの?と思われている方にわかりやすく解説していますので参考にしてください。

献花とは?

献花とは

亡くなられた方に対して手向ける(たむける)お花のことを献花といいます。

花束のタイプが多く、献花台や亡くなられた場所にそのまま供える形が一般的です。

献花にふさわしいお花

「故人の好きだったお花」が献花として最も選ばれていますが、不明な場合は故人の誕生日・誕生月のお花、または一般的なお供えに使用される種類のお花がふさわしいでしょう。お花の種類によっては季節や入荷のタイミングなど手に入らない場合もあります。

献花アレンジ

献花に使われるお花の色としては「白やブルー、グリーンの花」「淡いパステル系の花」などが一般的。

お花の種類としては「菊」「ユリ」「リシアンサス(トルコキキョウ)」「スプレーマム」「カラー」「カーネーション」「ガーベラ」「季節のお花(ヒマワリ、水仙、他)」などが代表的です。

故人が好きだった場合等を除き、トゲがついているバラや赤、濃いピンクなど、お祝いに使われるような発色の良いお花などは避けたほうが良いでしょう。

花選びに迷ったときは?

献花のお花や色選びに迷ったら、自分が故人に対して抱いていたイメージをもとに選ぶと良いでしょう。

優しい色の献花

優しいイメージなら黄色やクリーム、オレンジ系、明るいイメージなら淡いピンクや黄色系等々、自分のイメージでお花の色味を決めても構いません。

または、花屋に予算と用途を伝えて「おまかせ」で依頼すれば、献花としてふさわしい仕上がりで作ってくれるでしょう。

献花と供花の違いとマナー

供花(キョウカ、クゲ)も同じく故人に対してのお花ですが、献花台などに飾る献花と違い、供花はご自宅や葬儀会場の祭壇の横などに並べて飾るものを指します。

葬儀祭壇の供花

供花にはフラワーアレンジメント、スタンド花、籠花(かごばな)などの対応があり、いずれも花器付きでそのまま飾れるタイプのお花です。

供花には差出人の名前や社名などが書かれた札が付けられるのが一般的ですが、献花には差出人名が書かれたカードなどは付けません。

葬儀生花

供花のお花に関しては、色味や種類、立札、送るタイミングなど、献花よりもマナーが重要視されるため、故人の詳細を伝えて花屋にまかせるのが無難です。

献花の値段

献花の値段に決まりはありません。故人に対する弔意やお別れ、哀悼の意を表すものですので、お花1本でも構いません。また、献花のお花はラッピングされていない状態でも大丈夫です。

個人的な献花には相場がありませんので、他の方と自分の献花を比較したり、値段をアップして見栄を張る必要などもないと思います。

一般的に、お花の値段は種類やボリュームで決まってきますが、お花の希望や予算が決まっている場合は事前に購入予定の花屋に確認や相談をしてみるのが良いでしょう。

花屋によってはお花をラッピングした状態にするのに最低金額が決まっている場合があるためです。

献花はどこで買うの?

献花はどこで買えば良いか迷われた方も多いと思いますが、基本的にはほとんどの花屋で購入可能です。

花屋では献花専用のお花があるというわけではなく、一般的なお花を献花や供花などの用途に合わせて制作しているからです。

ただ、献花としてふさわしい色や種類の花を扱っているかは花屋によって異なります。

注意する点としては、献花する当日に花屋に行っても希望する花がない場合もありますので、お花の希望がある場合は事前に確認したり予約すると良いでしょう。

献花のネット購入と予約

献花はほとんどの花屋で購入できますが、お花の販売価格は花屋ごとに異なります。

実は、同じお花1本の値段で500~1000円以上も差があることもしばしば。

また、混み合っているときは買うために並んだり、待たされたりすることがあります。

お花に不慣れな方はお花を目の前にして迷ってしまうこともあるかもしれません。

ここでは、希望の予算で買える献花のイメージが写真で確認でき、店頭で並んで待たされたり、迷わずに購入する方法を2つ紹介します。

店頭受取予約

1つは、予め予約した献花を花屋の店頭で受け取れる「店頭受取予約」という方法です。

お花の店頭受取

これは事前にお花を受け取る時間を予約できるので、待たされたり、並んだりせずにすみます。

献花場所の近くや自宅から向かう途中にある花屋でお花を受け取ればよりスムーズですね。

宅配注文

もう1つは、ネット販売している花屋でWEB注文し、自宅までお花を宅配で届けてもらう方法です。

献花の宅配

届いたお花は基本的に保水処理がされていますので、涼しいところに保管しておけば翌日でも大丈夫な場合が多いです。ただ、届いたときにお花が弱っていたり、水切れが心配な方はお水を足してあげてください。

「お花のサンプル写真や値段を見ながら選びたい」「並ばずに受け取りたい」という人には、ネット購入や受け取り予約がおすすめです。

献花の予約・宅配サービス一覧

花屋の店頭で献花を受け取れたり、宅配してくれるサービスをまとめました。

これから献花の購入を検討している方は、花屋に行って選びながら注文するのも良いと思いますが、よりスムーズに献花を行いたい方はネットで注文して自宅まで配送してもらったり、花屋の店頭で受け取れるWEB予約サービスなども参考にされると良いと思います。

最近ではあのUber Eats(ウーバーイーツ)で花をデリバリーしてくれるので、すぐに届けてほしいときは役に立つかもしれません。
Uber Eats 既存ユーザー注文

WEBで簡単に申し込みできる花サービス

サービス名/詳細 店頭受取 宅配 最低価格 最短(店頭・宅配)
フジテレビフラワーネット 3,300円 翌日・当日
イーフローラ 1,100円 当日・当日
青山フラワーマーケット ○※ 3,300円 当日・翌日
花キューピット X 3,300円 *・当日
プレミアガーデン X 3,300円 *・翌日
花プライム X  3,300円 *・翌日
Hitohana X  3,300円 *・翌日
Uber Eats  1,500円 当日・当日

※青山フラワーマーケットの店頭受取は電話予約のみ


ライブ、コンサート、開店祝い、誕生日用の祝花
業界最安値&最短当日スピード配達
フラワーデザイナー監修おしゃれ花
★★一流企業・芸能人御用達★★
年間4万件の安心実績


お祝い花の注文はこちら

関連記事

  • パレスホテル東京(東京都丸の内)に叙勲祝いのスタンド花

  • お祝い花のお返しについて

  • 歯科医院・デンタルクリニックの開院祝い・開業祝いに贈る花

  • フレンチカフェ&バーのオープン祝いに贈る花

  • カフェのオープン祝いに贈るスタンド花

  • 開院祝いに贈るおすすめの花